2015.05.04

水の上にパンを投げると -when you cast your bread upon waters-

IMG_3694

早朝の日本海。今日は波が穏やかです。 昨日は久しぶりに日帰りで関西方面に行きました。新潟から金沢周りで、琵琶湖周辺を通りました。湖畔が美しかったです。   ところで、水の上にパンを投げるとどうなるでしょうか。 「溶けて無くなる」「波にさらわれて消える」「浜辺のゴミになる」・・何も良い事が起こらないような気がします。 せっかくの美しい水面が台無しになるようにすら思え、「ムダ」の一言しか出て来ないように思えます。   どうしてこんな話をするかというと、私は、音楽の本質は、そういうものではないかと思うからです。 この「水の上にパンを投げる」は、コヘレトの言葉から引用させて頂きました(全文は「あなたのパンを水の上に投げよ、多くの日の後、あなたはそれを得るからである。」) 良い音楽を作るには、それなり...

2015.05.03

現代社会のストレスと音楽 - music in modern stressed society -

busypeople

現代社会に生きる私達は、毎日とても強いストレスに晒されて生きています。街を覆う電磁波、都市の喧噪、化学調味料で味付けされた食物、お金がなければ生活が成り立たない不安、効率スピード最優先の仕事環境、心ない上司や親族の一言・・・「そんなことでは生きていけないよ!」 「ありのままで(Let it go)」という言葉が今の世代の向かうべき姿として描かれることが多くなった今日、現実はますます「ありのままでは生きていけない」世の中になっているのではないでしょうか。むしろ、表面的に強い者が弱い者を憚る事なく押し退け、自分の事、今の利益しか考えない「わがまま=ありのまま」がまかり通るようになっただけのようにすら思えます。そしてその背後には、「いつ自分がやられるかもしれない」という絶えない不安が・・・ 以前、自分のアルバムで、そ...

2015.05.02

山桜 - sakura in mountain -

DSC00029

  おはようございます。 さきほど早朝の鳥の声、早速アップしておきます。 ちなみにこの写真は山形の湯の瀬温泉。 ここはかなり山の奥で1軒しか温泉がありません。 しかしその温泉がなんと25mプール! 沢の音がしますね。 ちなみに、意外と山には鳥がいません。 鳥は食べるものがある里の近くによってきます。 鳥の声の収録は、周辺の車、カラスをいかに避けるか・・ キャンプ場はかならずといっていいほど人のご飯を狙うカラスがいるのでNGです。 今日の朝日は本当にきれいでした。   --------English-------- Birds singing in early morning. Birds only come to fields, where they can find foods, we d...

2015.05.01

私だけのための虹 - Rainbow for just for you-

rainbow

実にきれいな虹が出た日がありました。 虹についてとても詳しく書いてあるサイトがありました。 http://www.ccs-inc.co.jp/s2_ps/s1/s_04/column/light_color/vol19.html 驚いたのは、「虹は空中の水滴、太陽、観察者がある特定の位置関係になるときにのみ見える」「虹の円弧の中心は必ず、観察者と太陽を結ぶ線の先にある」ということ。つまり、同じ虹でも見る人、場所が違えば虹には見えない、ということです。 これには感動しました。 虹は単なる景色ではなくて、その人専用の、その一瞬のものだということ。だから古来から「虹は神と人との契約の象徴」と言われて来たのでしょう。 これだけの大自然の中で、たった一人のために現れる景色。 考えてみれば、身の周りにある全てが、必然を持っ...

2015.05.01

潟の春・自然音 - nature sound-

spring_nanohana

「潟の音風景」でも使用した、新潟の春の音です。 冬から徐々に春に移行するさまを、自然音で表現。水、水鳥、うぐいすなど。鳥の声は、生だと随分大きく聴こえるのに、録音すると実に小さくなってしまうから不思議です。 ------English------- Nature sound in early spring at Niigata, Japan. It is strange to find out birds sound quite lound in live, but sound much softer in recording.

23 / 24« First...2021222324
Page Top