KEYWORD:

2017.06.24

長生館Jazz Lounge

長生館jazzlounge_POPA4

本日長生館にて、Jazz Loungeコンサートを行います。 ジャズピアノBill Evansを研究し尽くした中村葉子氏のソフトで優しいジャズピアノとのDuoです。 中村氏とは大学時代から20年以上の共演を続けております。NYの鬼才ピアニストFred Hearsh氏の愛弟子でもある方です。 ミュージックチャージは特にありません。ご都合のつく方、お越しいただけましたら大変幸いです。

2017.06.20

「自分とは何か」という問い

IMG_0034

先日、滋賀県近江八幡市のヴォーリス記念館に行きました。 ヴォーリスは私が尊敬する一人です。記念館に隣接したヴォーリス設計のヴォーリス学園の体育館です。現在もしっかり使える状態で、階段やデザインの至る所に子供に対する心配りがあるのに大変感動しました。 自分は何者であるか、という問いは、古代の哲学者に始まり、ありとあらゆる思索がなされてきました。そして、今日、様々な考えがあると思います。 それを「価値観」という言葉で表現するべきなのでしょうか。   人は小学生になるころから「アイデンティティ」が確立してきます。就学して社会との交わりができてくると、いっそうアイデンティティ、すなわち「自分とは何か」を考えるようになります。   しかし、聖書の神のことばは非常に単純明確。 「わたしこそ神であることを...

2017.06.13

「今を輝かせる生き方」について

IMG_0128

家の庭の花がとても美しく咲いています。 「今を輝かせる生き方」について、さまざまなコーチングや、人生哲学の本が出ています。 「30代にやるべきこと」など、時間を限定した本もたくさんあります。 これらを「法則」や「論」としてまとめたものも数多くあります。   私も以前はその類の本が好きで随分と読みました。 様々な方の人生を分析して出てきた結論には、とても客観性があり、説得力があります。     しかし、高齢者の方々や病を持つ方々と関わる中で改めて思わされるのは 「すべてのことには時がある」ということです。   もうこれ以上絶対に良くならないということが分かっている病気の中にあったり 昔できたはずのことができない、という焦りの中にある時に 「自分のいのちを輝かせる」とはどうい...

2017.05.27

潟の音風景コンサート 本日18時より

fukushimagata2

福島潟を360度一望できる、ビュー福島潟6Fホールにて開催している潟の音風景コンサート。今年で3年目、7回目の公演になります。 季節ごとに四季折々の風景が夕暮れの景色とともに楽しめる、とても幻想的なコンサートです。今回は、ピアノのAYAKIくんと、久しぶりにがっつりジャズに取り組んでみようと思います。後半は、ゲストで日比野愛子(ソプラノ)も登場します。また、新発田と東京を行き来しているパーカッショニストの阿部梓穂さんも音に彩を加えてくださる予定です! 17:30から開催されるキッズ向けコンサートでは、福島潟キャラクター「クイクイ」のイメージソングとして作りました「クイクイパラダイス」も初公開を予定しています。 ご都合の合う方、ぜひお越しくださいましたら幸いです。 潟の音風景 ~福島潟夕方コンサート~ 日時 :&...

2017.05.18

天上の音楽〜ハートケア・コンサート〜ご来場ありがとうございました

Still0517_00000-2

5/12-13に開催された「天上の音楽〜ハートケア・コンサート〜」に、たくさんの方々にご来場いただきまして、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。 クリスチャントウデイ様がとても詳細な取材記事をあげてくださっておりますので、ご覧いただけましたら幸いです。 http://www.christiantoday.co.jp/articles/23775/20170518/heaven-music-heart-care-concert.htm    

1 / 1712345...Last »
Page Top